脱毛エステってホントのホント

人気記事ランキング

ホーム > > おせちって家庭の味がありますよね。

おせちって家庭の味がありますよね。

おせちって家庭の味がありますよね。お嫁に行ってはじめての義実家でのおせちは、作るのを手伝いながらのその味をしりました。東と西との違いもあり、「あれ?長老喜(チョレギ)入れないのかな?」と思ったり、おせちにいれる具材もすこしづつ違うことを知りました。西のおせちの味は、上品な味付けが多いですね。「おせち」とひとことでいっても、家庭でつくられたおせちや老舗割烹料理店のおせちや大手のおせちでも和洋中を取り入れた、個性溢れるおせち料理、こどもが喜んで食べることができる工夫がされたものまでと様々ですね。「正月くらいはゆっくりと」と「三が日はお店が閉まっていた」時代のおせちは、火をしっかりと通したものや味付けの濃いものが主流だったおせち。今では、冷蔵できる環境とお正月からお店も開いていたりと、それほど長い期間もたせる必要が無いことや健康の面をきにして薄味に仕上げられたものが好まれているようです。各家庭やお店で昔から伝わる味や調理法を守りつつ、現代の需要にあったおせちに変わっていってるのですね。時代と共に、オーソドックスな部分は保ちつつ、変化していくおせち料理。家族が集まるお正月には、教えてもらったおせち料理をつくりつつ、「お嫁に行った先のおせちの味」と、「実家のおせちの味」をすこしづつ融合して、次の世代に伝えていけたらと思います。

本日のお勧めサイト ミュゼプラチナムの効果について